リフォームが必要になるトイレの水漏れについて

トイレの水漏れでリフォームが必要になると聞くと、少し大げさに感じるかもしれませんが、広い意味では、トイレそのものの交換もリフォームといえます。一般的なトイレの水のトラブルでは、本体の交換以外に排水管とフローリングの取り換え、給水管や止水栓の取り換えなどの種類があります。また、水の漏れを放置し続けてしまい、トイレ全体の改修が必要になる恐れもありますので、できるだけ迅速にトラブルを解決しておくことが大切です。

■トイレ水漏れの主な要因について

トイレの水漏れの主な要因は耐用年数の経過によるシール部材の劣化や本体の損傷、給排水管の老朽化などです。今すぐにリフォームが必要でない場合でも、近い将来、必要になる時期が来るのは間違いありません。今回の水漏れでリフォームまではしなかったとしても、何年後かにリフォーム費用が必要になると意識するだけでも十分です。将来のリフォームに備えて、資金計画を考えておくのもおすすめします。

トイレリフォームや修理の料金を知る方法

給水管やノズル弁などからの一般的な水漏れの場合は、部品代プラス1万円程度の見積もりを受けることが多くなります。排水管の交換や住宅の土台まで腐食しているような場合は、個別に見積もりしてもらい、結果を受けてから依頼するかどうかを決めます。
一般的な水道業者では、無料で見積もりを行ってくれることがほとんどです。水トラブルの修理に必要な費用を知っておくだけでも安心できますので、まずは、費用の把握と原因の特定をしてもらうため、水道業者に相談してみるのがおすすめです。

■まとめ
トイレは、耐用年数が10年程度の定期的に交換が必要な住宅設備です。無理をして長期間同じ設備を使用し続けるとリスクが生じることも確かですので、水のトラブルを機会にリフォームプランを検討してみてはいかがでしょうか。見積もりや相談は無料でできますので、プロの意見を参考にして考えるようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ