トイレの交換が必要になる水漏れとは

現代のトイレは、ウォシュレット機能付きであることが多いので、電気製品としての耐用年数も考慮しなければなりません。水漏れが生じてすぐにトイレの交換ということは少なく、なんらかのトラブルをきっかけにトイレ本体の交換を考える事例が多いです。また、早急にトイレの交換が必要になる水漏れもありますので、トラブルの状況に応じて交換の検討をすることをおすすめします。

■トイレの交換をするべき水漏れの特徴について

早めにトイレ本体の交換をした方が良い水漏れは、便器の割れによって水漏れが生じた場合です。便器の割れをパテ等で補修することも不可能ではありませんが、近い将来、他の部分にひび割れが生じる可能性が高くなっていると考えられます。また、トイレ本体のノズル等からの水漏れで電気機器が壊れてしまった場合についても、修理よりも交換を勧められることが多いでしょう。


■長期的に未交換でいることのデメリット

トイレ本体の耐用年数は、一般的には10年程度であることが多いです。10年を超えても使用し続けられるケースもありますが、あまりに長期間、使用し続けると、その分だけ電気火災の危険性が高くなります。メーカー保証の期間も耐用年数を超えることはないので、万が一の火災時にすべての責任を自分が負うことになる、というのが交換しないことの大きなデメリットになります。



■まとめ
ただちにトイレの交換をする場合を除き、早急に買い換えなければならないというものではありません。しかし、耐用年数を超える長期間の使用で火災のリスクが生じることは確かですので、住宅の維持管理という視点で交換のタイミングを検討しておくことが大切です。水のトラブルをきっかけに本体の交換をする人もいますので、一度、本体の交換をした場合の費用についても、専門の業者に確認してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ