トイレの水漏れによる修理と交換の判断方法

トイレの水漏れがあった場合でも、必ずしも本体の取り換えが必須になるわけではありません。ただし、トイレ自体にも耐用年数が設定されていて、使用を続けている年数によっては、水トラブルを機会にトイレ交換のためのリフォームを検討しないといけない場合があることも事実です。交換が直ちに必要になる水漏れの種類に関する理解を深め、家全体の維持管理という観点で水漏れの対処法を検討するようにしましょう。

■トイレの交換が避けられない水漏れの種類

今すぐに本体の取り換えが必要になる漏れは、タンクや便器にヒビや割れがあるケースです。パテなどを使って自分で修理することも考えがちですが、違う箇所も劣化が進んでいることが多く、安全上、業者では交換を推奨しています。
また、水の漏れで電気回路等が故障してしまったときも、修理にかかる費用と交換にかかる費用を比較して、交換した方が良い場合があります。


■トイレの耐用年数は10年前後

トイレの耐用年数は、メーカーや商品ごとにより若干の違いがありますが、10年くらいになっています。購入から10年以上たっている場合の水の漏れは、必然的に本体の交換も視野に入れて対策を考えるべきと言えます。
とくに耐用年数を大幅に超過して使用しているような場合は、ウォシュレット機能の電子パーツが劣化し、摩耗により火災が発生する恐れがあります。メーカー保証も切れているはずですので、できるだけ早く、トイレの交換をしてしまいましょう。

■まとめ
トイレの水漏れは、トイレ全体の老朽化、劣化のサインであることが多いです。修理にかかるお金を節約したいと考えるかもしれませんが、火災やその他のトラブルのリスクが大きくなるよりは、メーカーの耐用年数にしたがう方が安心です。修理と交換の費用対効果を比較して考え、その家庭に合った最適な水漏れの解決方法を選ぶようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ